お客様一人ひとりに最適な資産承継対策を

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

赤字会社への収益物件の贈与

皆様 いつも大変お世話になっております。 多額の欠損金がある会社をうまく使う方法として、個人の収益物件を贈与することが考えられます。 例えば、収益物件の建物のみを贈与した場合の課税関係を考えてみます。 (会社側) 会社は …

民事信託における税務上の留意点(負担付き贈与)

皆様 いつも大変お世話になっております。 今回は、委託者と受益者が違う「他益信託」について考えます。 例えば、収益物件を「委託者=親」「受益者=子」とする信託を組成した場合。 以前にも述べた通り、税務上は親から子への贈与 …

民事信託における税務上の留意点(株式信託)

皆様 いつも大変お世話になっております。 今回は株式信託についてご説明します。 オーナー株主が認知症になった場合は議決権行使ができず、原則何も決めることが出来ません。 会社運営に重大な支障が出ることは必至です。 そこで、 …

民事信託における税務上の留意点(税務署への提出書類)

皆様 いつも大変お世話になっております。 今回は税務署へ提出する書類についてご説明いたします。 ①信託に関する受益者別(委託者別)調書(合計表) こちらの調書は、以下の事由が生じた日の属する月の翌月末日までに、受託者が提 …

民事信託における税務上の留意点 (信託契約)

皆様 いつも大変お世話になっております。 今回から連載で、民事信託における税務上の留意点を投稿していきます。 まずは、信託契約時の課税関係から。 <委託者=受益者の場合> 実務上はほとんどがこちらのケースで、自益信託とい …

すまい給付金

皆様 いつも大変お世話になっております。 住宅については購入、保有、売却のいずれの段階においても優遇税制はしっかりと受けときたいものです。 このうち、「購入」時点で忘れてはいけないのが「すまい給付金」。 この制度は、おお …

数次相続における遺産分割協議の留意点

皆様 いつも大変お世話になっております。 1次相続(例えば父)の遺産分割が終了する前に、2次相続(母)が発生した場合、2次相続の相続人(長男・次男)は、1次相続の遺産分割を自由に決めることができます。 よって、相続税の申 …

固定資産税の還付請求

皆様 いつも大変お世話になっております。 今年、横浜市が複数のオフィスビルの固定資産税の評価額を誤り、12年間分の計8億8000万円を返還することを発表しました。 建物の構造計算に誤りがあったとのことですが、かなりインパ …

新事業承継税制の一番の留意点

皆様 いつも大変お世話になっております。 新しい事業承継税制が今年4月1日からスタートいたします。 以前の制度に比べて使いやすくなり、新聞や雑誌にも多く取り上げられ、お問い合わせも多数いただいております。 これで自社株対 …

民法改正(遺留分の算定方法の見直し)

皆様 いつも大変お世話になっております。 民法改正は今回が最終回です。 最終回は「遺留分の算定方法の見直し」についてご説明いたします。 遺留分とは「相続人の最低限の取り分」です。 どのように遺言で書かれていたとしても、親 …

« 1 6 7 8 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 鍜治田税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.