お客様一人ひとりに最適な資産承継対策を

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

行為計算否認の判断

「行為計算否認」とは、同族会社間の取引などにおいて、節税以外の目的がなく、不合理極まりない ものについて、税務署は否認することができるというものです。 しかし、具体的にどういったものが対象になるかは明らかにされておらず、 …

配偶者居住権はいらない

配偶者居住権。 簡単に説明すれば「夫が死亡した後も、妻が自宅に無償で一生住み続けことができる権利」です。 120年ぶりの民法改正ともてはやされ、税務雑誌においても評価方法や節税の特集が組まれています。 しかしこの制度、誰 …

相続放棄があった場合の保険の非課税金額

弊所が受任する相続案件で、相続人が親や兄弟という事案が増えています。 未婚の方の相続の場合、まずは親(直系尊属)が相続人になりますが、その親が相続放棄をした場合は、 兄弟に相続権が移ります。 ところで、生命保険金には一定 …

株価評価の「非経常的な利益」

非上場株式を類似業種比準価額で評価する場合の3要素は「配当・利益・純資産」です。 これらが高ければ株価は上がり、引くければ株価は下がります。 このうち「利益」については、税務上の利益を採用するのですが「非経常的な利益」を …

小規模宅地の特例の落とし穴

自宅の敷地は、面積330㎡(100坪)まで20%の評価でOK。 これが相続税の特例の一つ「小規模宅地の特例」です。 この特例は、被相続人が要介護認定を受けて老人ホームに入所していた場合にも適用可能です。 大きな節税ですの …

事業承継税制~納税猶予が免除になる場合は?~

事業承継税制。 税理士のみならず他の士業の方も関心が高いですね。 とても懇意にさせて頂いている弁護士の先生からもご質問がありましたので、 事業承継税制の納税猶予額が「免除」になる場合を以下に列挙します。 ① 贈与税の納税 …

不動産の相続税対策⑨

不動産の相続税対策の第9回目は「不動産による自社株対策」です。 1)単純に不動産を購入して株価を下げる 不動産を購入した場合、購入してから3年間は時価(取得価額や償却後の簿価など)で評価するため 株価に与えるインパクトは …

基本通達について

日々の判断や税務調査において用いられる基本通達。 ご承知のとおり、書かれていることに法的拘束力はありませんが、これをよりどころにして 課税関係を判断するのが税実務です。 我々税理士も、ときに「基本通達にこう書かれているか …

不動産の相続税対策⑧

不動産の相続税対策の第8回目は「事業用資産の買換え特例の活用」です。 例えば、貸し駐車場をお持ちの場合、利回りから考えて相続税評価が割高な場合が多くあります。 このような場合には一部を売却し、その代金により残りの土地に収 …

節税保険と税理士業

保険会社各社が、過度な節税効果のある保険の販売を停止しているようです。 理由は国税庁が節税保険の課税見直しをおこなうということを保険会社が集まる「保険税務研究会」 で通達したことによります。 まがりなりにも金融庁のお墨付 …

« 1 2 3 4 8 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 鍜治田税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.